読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 | フェリカテクニカルアカデミーWebサイト制作科サポートブログ

SQL文を使ってデータベースを操作する

データベースに命令を出すSQL

  • SQL文による命令でレコードが挿入されました

f:id:webmaster-web:20160718231543p:plain

レコードを取り出す「SELECT」

  • 「FROM」は、どのテーブルから取り出すかを指定する
SELECT を使った書式
SELECT recipe_name FROM recipes;
SELECT recipe_name, budget FROM recipes;
SELECT * FROM recipes;

レコードを挿入する「INSERT INTO」

  1. どのテーブルに挿入するか指定する
  2. 続いて「()」内にどのカラムにレコードを追加するかを並べます
  3. その後「VALUES」内に挿入するレコードの値を順番に入力していきます
INSERT INTO を使った書式
INSERT INTO recipes ( recipe_name, budget, howto ) VALUES ( '野菜炒め', '800', '野菜を炒める' );

レコードを更新する「UPDATE」

  • 「SET」の部分に「カラム名=値」という形式で修正内容を書きます
UPDATE を使った書式
UPDATE recipes SET budget = 90, howto = '卵を焼く' WHERE id = 2;

レコードを削除する「DELETE」

  • レコードを削除するときは「DELETE」を使います
DELETE を使った書式
DELETE FROM recipes WHERE id = 1;


WHERE を使って色々な条件を指定できる

UPDATE recipes SET カラム = 値, カラム2 = 値2,  WHERE id = id番号;
DELETE FROM recipes WHERE id = id番号;

SQL文でレコードを挿入する

INSERT INTO `recipes`( `recipe_name`, `budget`, `howto` ) VALUES ( 'サンマの塩焼き', '400', 'サンマを焼く' );

f:id:webmaster-web:20160719030143p:plain


f:id:webmaster-web:20160719030435p:plain