読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 | フェリカテクニカルアカデミーWebサイト制作科サポートブログ

Cookie

PHP

Cookieとは

  • Cookieは、クライアント側にデータを保存する仕組みです
  • サーバーからデータを送信しておくと、次回アクセス時にそれと同じデータを送信しなおしてくれる機能です
  • Cookieは、Webで使われているHTTPの基本機能です
Cookieの仕組み
  • Cookieは、少量のデータをクライアント側に保存する仕組みです
  • 保存できるデータのサイズは、ブラウザの種類によって異なります
  • 1つのサイトあたり、概ね8キロバイト(約8,000文字)程度です
Cookieの送受信
  • Cookieの基本は、オウム返しです
  • サーバーがクライアントに何かデータを保存したい時には、「Set-Cookie: 名称 = データ」というヘッダー情報を送信します
  • その値は「どのドメインのサイトから送られてきたのか」という情報とともに、ブラウザが管理するどこかの場所(くらいあんとのメモリ、もしくはハードディスク)に保存されます
  • 次回、同じドメインのサイトにアクセスする時に、保存されているCookie情報があれば、それを「Cookie: 名称 = データ」というヘッダー情報を追加してアクセスします
  • この工程において、Cookieが送信されるのは「同じドメインのサイト」であり、「同じページ」ではありません
Cookieに含まれる情報と有効期限
  • サーバーが「Set-Cookieヘッダ」を使って、Cookie情報を送信するときには、有効期限や有効範囲の情報を設定することもdきます
  • Cookieには、「有効期限があるもの」と「有効期限がないもの」があります
  • 「有効期限がないもの」は無限に有効という意味ではなく、「ブラウザを閉じるまで有効なもの」という意味です
  • 有効期限のないCookieは、ブラウザを閉じると失われます
  • このようなCookieを「セッションCookie」と呼びます

Cookieを使った実例

広告を非表示にする